数ヶ月前まで、
ずっと自己流で絵を描いていましたが…

 

画力の向上と変化を目指そうと思い、
いろいろな絵を
図書館で借りた本で見たり、
ネットで見たりしました。

 

『描き方』も学んだ方がいいかなと、思って、
プロの画家さんや
アマチュアの絵描きさんの描き方を
動画で検索してると、
絵を描く人にとっては、すごく勉強になる動画が
いっぱい出てきました。

たとえば、風景画

 

その他、
検索キーワードとしては、

『風景画 描き方』、
『似顔絵 描き方』、
『海中 魚 描き方』、
『滝 描き方』
などなど……。

 

キーワードを日本語だけで検索すると、
観れる動画は限られてきますが、
それを翻訳アプリ(または、翻訳サイト)で英訳して、
それを検索窓にコピペして調べると、
海外の画家さんの描き方の動画がたくさん出てきます。

たとえば、

風景画 描き方』→『How to draw landscapes
似顔絵 描き方  』→『how to draw portrait  』
海中 魚 描き方 』→『How to draw underwater fish  』
滝 描き方 』→『How to draw waterfall  』

 

または、

海景 アクリル画 』→『Seascape Acrylic Picture  』
動物 アクリル画 』→『 Animal acrylic painting 』
自動車 油絵 』→『Automobile oil painting  』
街 油絵  』→『Town oil painting  』

などなど…。

 

 

それらを観ていると、
自分が知らなかった技術や
初めて知る描き方を
学べます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

絵の勉強、おススメ動画
風景画の勉強にオススメ⑴
画家 /ウォルト バーガー /

風景画の勉強にオススメ⑵
画家/チャック ブラック

波の描き方

目の描き方

 

今後もいろいろな動画を紹介していきます♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

こんな感じで、絵の描き方を動画で見てると、
絵の専門学校に行く必要って、
無いのかな…って
思えてきます。

 

その動画にインスパイアされて、
絵を描くことが楽しくなります。

美術の勉強をしてきた方達からすれば、
絵の描き方に今更感があっても、
初めて知った技術を試したいって思った人にとっては、
ワクワク感が出てくるものです。

 

自分は動画を見るまでは、
絵筆以外の道具を使う発想がなかったんですが、
遅ればせながら、
絵画用のヘラとかナイフとか、
アクリル絵の具や使い捨てパレットを
ダイソーへ行って買いました。

 

画家さん達の動画を参考に描き始めるも、
彼らが使っている絵の具を見て、
(値段が)高い絵の具で描いた方がいいのかなぁ…
と思い、Amazonで探してみると、
数千円とか、万を超える商品が出ててくるので、
買おうか、どうか、と迷いました。

 

ネットで情報を調べると、
下記の情報が出てきました。
リキテックスのアクリル絵の具やメディウムをオススメする7つの理由

 

結局、買いました。

リキテックス アクリル絵の具

 

購入したリキテックス絵の具で、
自分の描いた絵を見ると、
それまで使ってた絵の具で絵を描く気が
起こらなくなります。

自分の作品
(田舎の道路)

 

自分の創作活動には、
他の出費や消費を抑えてでも、
お金をかけた方がいいかと思いながら、
作品作りを楽しんでいます。