今回は、自分のアニメ作りのヒストリーをブログに書いていきます。

子供の頃、アニメを作りたくて、
八ミリカメラが欲しかった事、

それを母に脚下された事。

小学生の頃にパラパラ漫画にハマったきっかけなども。

以降、YouTubeに自作ショートアニメを
アップするようになるまでの
ノンフィクションストーリーを書いていきます。

このような自主制作ショートアニメを作ってアップするようにまで……σ(^_^;)

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

子供時代。
テレビアニメをよく見てた。

小学二年生の頃…、
それまで、アニメの作る方を知らなかったが、
学習雑誌の付録で始めて、パラパラ漫画に触れた。
子供心に、
「わぁ〜、すご〜い♪」
と思って楽しみながら使っていた。

 

小4の時、
同級生が自分の教科書に描いた
パラパラ漫画を見て、
衝撃を受けた。

 

自分もパラパラ漫画を
描くようになった。

 

始めは慣れなかったが、
コツを掴み、描きまくった。
先生に注意された。

でも、友人達からは、僕のパラパラ漫画は評判が良く、
彼らから、
「僕の(教科書/または、ノート)にも描いて♪」
「私のにも描いて♪」
ともリクエストに応えた。

 

書店で、『アニメーション入門講座』を買った。
その本で8ミリカメラによる、
コマ撮り撮影という方法を知って、
母に、
「僕もアニメを作りたいから、8ミリカメラを買って〜〜」と、
おねだりするも、母から、
「高いから、ダメ!」
と、言われた。

 

仕方無く、自分で厚紙や画用紙、
その他の材料で工作しながら、
手製のアニメ鑑賞機を作るも失敗の連続。

こういう情報がありました……(^-^;)
https://goo.gl/v39dJK

 

漫画家か、アニメーターになりたかった思春期の頃…。

あるきっかけで
病気で精神科に入院。
(詳しくは、https://goo.gl/FBycD8 を参照)

 

退院後は高校へ復学し、
闘病を経て、
卒業後は、就いた仕事は、
漫画やアニメとは無関係のガテン系ばかり。

ほんで、
土方や大工をしながら、

ビデオ屋で、
昔のTVアニメ『鉄人28号』、『エイトマン』などを
レンタルして見てた。

親達は、僕に普通に社会で働く事を求めた。
でも、いつまでも、
そんな人生を進む気など無く、
いずれは『描く仕事』に就く夢を捨ててはいなかった。

 

90年代に入り、
二十代だった頃、
映画館へ
ディズニーアニメや
宮崎アニメ映画を見に行った。

インターネットの時代が始まった。
Windows95がヒット。
僕も欲しかったが、高価でなかなか、手が届かず……。
周りの友人達はネットをたのしみ始めており、
自分だけが時代に取り残されていくような不安が苦痛だった。

この頃、
母の言葉の暴力に悩んでいたが…、

ケースワーカーの進めでグループホームに入居。

グループホームに入居後、
地活のパソコン教室で、初めてインターネットに触れる。
パソコン教室の先生からPCを習い始めた。

 

でも、当時の自分にとっては、インターネットを
まだまだ、障がい者である自分の収入では
手にするには難しかった。

親に内緒で車の運転免許を取得。
(友達のアドバイスで教習費はローンで払った)

 

友人から、中古のPC(Windows98)を2万円で譲り受け、
その友人の協力で
グループホームの自室でネットを楽しんだ。

ブログも始め、
自分のイラストをケータイで撮って
アップしていた。

その後、複合機を購入。
それを試行錯誤しながら使うのが楽しかった。

 

でも、YouTubeが登場した時代……。

自分も動く映像を載せたかったが、
自分的には、
その頃使ってたWindows98では、
限界を感じていた。

 

ホワイト急便を退職後、
失業保険を受給しつつ、
授産施設への通所を始めた。

 

『鷹の爪』や『ほしのこえ』が
TVで話題になり始めた。
その当事者達(新海誠さんやフロッグマンさん)が
羨ましかった。

しばらく、後に
WindowsXPを失業保険の一部で購入。
まずは、YouTubeを楽しんだ。

 

アニメを作って、ネットに投稿しようと思い、
いろいろググってみて、
GIFアニメという方法を知った。

まずは、3コマアニメを作って、使い方を確認。

https://goo.gl/gvyQYj

その次に50コマ(50枚くらい)の
ショートアニメを作って、ブログにアップ。

https://goo.gl/gfFc1n

作ったGIFアニメを、
これも試行錯誤しながら
YouTubeにアップ。

マイミュージックスタジオなどの作曲ソフトや
ボイスチェンジャーアプリを使い、
音声の付け方を独学で覚え、
初めて音声付きカラーアニメを作って、
YouTubeにアップした。

 

8ミリカメラを使う事は無く、
フィルム撮影は未経験ながら、
昔の自分にとっては、思いのよらなかった方法で、
アニメ制作や、
その作品公開を楽しむーー

もはや、僕の長年の夢の実現に対する壁は消えた。

 

その後、初めて、スマホを購入し、
コマ撮り撮影アプリで人形アニメを作ったり、
いろいろな事にチャレンジした。

 

その後(2012年の秋)、デイナイトケアセンターのスタッフさんの勧めで、
『映画同好会』の活動へ参加。

その活動を取材していたジャーナリストが
ハンディカムでの撮影や
PCでの編集技術を教えて下さった。

映画の作り方を学んだ僕は、
自分の幾つかのGIFアニメ作品を
その当時作っていた短編映画に挿入。
自分の作曲した音楽も、
その映画に使った。

その映画が病院内のコミュニティーホールで上映。
本編中に時々スクリーンに
幾つかのシーンで
映し出された自作ショートGIFアニメを観て、
子供の頃の夢が20パーセント叶ったような気分だった。
嬉しかった。

その映画同好会の活動を取材した方の計らいで、
その短編映画は、
東京の小さな短編映画祭で特別上映された。

参照URL
https://goo.gl/D51t9e
https://goo.gl/Vsn5cg

※この映画同好会の活動と、その短編映画、
その映画作りに関わった人達(僕も含めて)、
協力したデイナイトケアの
利用者の方々の事が、
県内のローカルニュース、
沖縄の新聞(ニ誌:沖縄タイムスと琉球新報)で
採り上げられた。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それから、今は時々、
iPadでショートアニメを作って、
YouTubeにアップしてます。

それがこれです。

 

後々、時々、アニメの作り方、映像作品の作り方も分かち合いたく思います。

 

おまけです。

今日、僕が描いた絵です。

https://goo.gl/zjuKwG

また、描きます。