気功と創作

 

私は日々、気功をしている。
そして、自分の生活に瞑想も取り入れている。
その継続の結果かどうかは、不明的だが、

 

最近、臨時収入を得ることが多い。

私自身、数カ月前から、
パラリンアートに登録している絵の多くが、
その幾つかのスポンサー企業に
採用される事が続いている。

忍耐が実を結び始めている。

仙道帝財術

げん担ぎとか、そういう感覚は無い。

時々、早く目が覚めたら、
起床後は気功をしている。

気功の継続と
パラリンアートにおけるプチブレイクの
因果関係を私は、知らない。

でも、実際、
行動(気功を続けている事の)結果を見ているので、
今後も、その日課を続けることにした。

 

熱心なクリスチャンだった頃は、
気功に否定的な牧師さんのコラムを雑誌で読んでいたせいもあり、
その記事とコラムと、その執筆者を信用していた。

なので、信仰に反するものだとの認識を持っていた。

 

でも、三年前の自動車事故(軽傷)を機に
それを(鞭打ちの症状)改善する方法を探し続けた答えの1つとして
気功の本を買って読んだ。

気功革命

事故直後から通院していた整形外科での治療に見切りをつけて。

気功関連の本をいくつも買って読んだ。

気功革命 治癒編

事故による症状は消えて、
開運効果の1つとして、
臨時収入が増え、絵の仕事が増えた。

 

始めはその金額は数千円程度だった。

 

でも、画家として、
小さなブレイクが始まり、
今では、毎週1回〜2回のペースで絵が採用されて、
描きおろしの仕事の依頼も少しずつ
いただき始めている。

 

教会で教えていない事、
やってはいけない事だと心に刷り込まれていた事――
でも、その全部が全部ダメという思想から
解放され、
分別や判断する知恵を持ったーー。

絵の仕事も増え、
毎月振り込まれる作品報酬も、
時には6、7万円台の時もある。

 

実際、効果がある気功――
気功と信仰生活の融合は自分のライフワークとなった。

 

お金に困る状況は全くなくなった。

もしかしたら障害者年金無しで生活できる日が来るかも知れない。

 

昨日もパラリンアートから
描き下ろしの仕事を頂いた。

満月の浮かぶ風景画と、桜を描く仕事。
今は、その下描きや練習をしているところ。

でも、毎朝、聖書を読み、祈りも欠かさず、
気功もしながら、
神と人とに関して、創作に励んでいる。

科学的根拠は無くても、
心身の健康にも開運にも効果があるので、
毎朝、続けている。

絵も少しずつ上達しているのも実感している。

祈りも瞑想も気功も、創作人生の力になっている。