クリエイティブと影武者商売〜ゴーストクリエイター

以前、クラウドソーシングサイトで
仕事を探して、

求人情報の内容について
幾つか、提案して、
↓結局、不採用になった作品……orz  ↓

作業所の宣伝用チラシ↓

 

ビジネス本のカバー↓

 

リゾートホテルのロゴ↓

 

 

でも、あきらめずにクラウドソーシングサイトで、
イラストの仕事を探していると……

 

かなり、ギャラの高いイラストレーターの求人情報を見つけた。

 

だが、その詳細を読んでみて……、
応募するのをやめた。

 

その仕事は……、
著名な似顔絵描き専門の
イラストレーターがいて、
新婚カップルの依頼や
何かの記念でクライアントが似顔絵を
その著名なイラストレーターの絵と
同じタッチで描く仕事……。

代理で描いても、
クライアントには著名人が描いたモノと言って、
影武者に高い口止め料を支払う――

ゴーストイラストレーター……。

――そういう求人内容だった。

 

自分からすれば、応じれば、
出来る仕事ではあった。
技術的には。

 

でも、
メンタル的には無理。

世の中には、抵抗なく、
その仕事を引き受ける人もいるらしいけど……(汗)

結局、同サイト内で他の求人をチェック。

 

他の求人を見ても、
イラストレーターの仕事は
競争が激しい……。

 

アニメの求人に幾つか応募し、
ショートアニメの仕事を
受注した。

クライアントからの電話で話を聞いたら……
――それも、代役での仕事。でも、結局作った。

――自分が作った……って言えない仕事ばかり。
自分の名前で発表してはダメ。
どのサイトでも。
もらったギャラの中に
著作権料も含まれているから。
作品自体は、もうクライアントのモノだから。

クラウドソーシングサイトって、
影武者ビジネスも
結構あったりするらしい。

 

自分の作品を
自分の名前でリリースして
稼ぐ仕事が
気持ち的には安心。

遠回りだけど。

ネットが世に出る前から、
アートの業界では、
影武者商売は当たり前――って
時代もあったと、
後に芸術関係の本を読んで知った。

 

――自分は、遠回りを選ぼう。
そう決めて、日々、作品を描いている。

ブログばかり作って、
本格的なHPを作り始めたのは、
つい、最近から。

HPの作り方を勉強しながら、
サイトを構築中。

 

そうした中、
ここ4週間の間に、パラリンアート
僕の絵が採用され続けている。

 

 

 

 

絵を描いて完成させる作業のペースは、
早い時もあり、
ゆっくりゆっくりの日々もある。

今のところは、スローペース。

気功も続けているのが関係あるのか、
最近、タイミングのいい特に
幸運を手にしている。

今後、『気功と創作活動』とのテーマで
記事を書こうか、と考えている。

 

(それと関連して、『図書館と“絶版本の自炊”』についても記事を書いていきたい)